会社概要 - 東京のM&Aコンサルティング(中小企業などのM&A)

M&Aコンサルティング


会社概要


会社概要


会社名 株式会社リテイルマーケティング研究所
M&A事業名 M&Aコンサルティング
設立 1987年4月(法人化)
資本金 1000万円
事業内容 ・M&Aアドバイザリー
・経営戦略、経営計画のコンサルティング
・企業価値評価
・その他経営の最適化のコンサルティング
役員構成 5名(パートナー企業含む)

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-12-15東洋新宿ビル4階
           電話:03(3357)6181
           FAX:03(3357)6182


リンク先


(株)リテイルマーケティング研究所



(株)東京MAパートナーズ



ごあいさつ


弊社は、1987年以来、20年以上にわたりコンサルティングを手掛けてまいりました。
M&Aは、経営コンサルティングの延長線上にあると考えております。
M&Aを有効な経営戦略と捉えると、譲渡企業及び買収企業が共に繁栄することが望ましいと考えます。

M&Aコンサルティングは、「経営コンサルタント」「M&Aコンサルタント」「公認会計士」が一体となり、譲渡企業及び買収企業がWIN-WINの関係になるよう最善の努力をしております。

企業には、導入期―成長期―成熟期―衰退期というライフサイクルがあります。企業の寿命30年説というものがありますが、企業の成熟期の段階で、次の「手」を打つ必要があります。私たちは次の「手」のなかにM&Aも含まれると考えております。勿論、企業自身が、次のステージへステップアップすることも可能です。

企業は、ゴーイングコンサーン(継続)であり、M&Aもその一手段と考えます。
株主、経営者、社員、取引先、お客様いずれもが幸せになれることが、われわれの使命と考えております。

M&Aを含め、経営相談の段階からご相談させていただき、御社の的確な意思決定のお手伝いができれば幸いです。


経営理念


私たちは損得よりも先ず善悪を考えます


M&Aは、双方がWIN-WINの関係でなければなりません。その基本となるのは、道徳であり善悪です。仲介手数料目当てのみのM&A企業も少なくありません。私たちは、「善悪先にありき」と考えます。


私たちは、企業、資本家、従業員、お客様の幸せを考えます


M&Aを通じ、4者が幸せになれるスキームを考えます。
M&Aで敗者をつくることは悪と考えています。